COLUMN

コラム

まちづくり、ものづくりの記事

まちづくり、モノづくり

八十亀ちゃんイラスト

名古屋は明治22年(1889)に市制施行し、鉄道駅、幹線道路、路面電車、電気、ガスの整備など基礎的なインフラが整い、大都市名古屋へ飛躍する基盤ができました。さらに、明治40年(1907)の名古屋港の開港によって輸出産業都市への基盤ができるとともに、鶴舞公園を会場とした博覧会の実施により、都市部の発達が促されました。大正・昭和前期には、市域の拡大とともに、大正15年(1926)の中川運河の起工により、水運機能が飛躍的に強化され、名古屋駅と港を結ぶ中川運河などを中心とした工業地帯が広がる産業都市として開花しました。昭和20年(1945)終戦を迎えましたが、戦災によりまちのシンボルであった名古屋城天守閣を始め、城下・熱田など当時の市域の約1/4を焼失しました。直ちに戦災復興計画を立案し、総力を挙げて復興に向けたまちづくりに邁進しました。また、昭和34年(1959)伊勢湾台風により市の南西部が大きな被害にあったものの、再び復興を遂げており、その後の地下鉄や高速道路の建設など、都市基盤整備が進められ大都市となりました。産業面においては、名古屋は江戸と京・大阪の間に位置して、古来より交通の要衝でもあり、肥沃な濃尾平野や豊かな海の幸に恵まれた伊勢湾、そして木曽川の上流から供給される良質な木材資源がありました。こうした資源を活用し、徳川家の強大な力を背景に名古屋城が築かれ、日本中から技術を持った職人たちが集まるようになりました。そして和時計の技術はからくり人形づくりに応用され、その技術は日本が近代国家の仲間入りをしてからも、近代産業に応用されていきました。近代に入ると、江戸時代の綿織物業を継承する繊維産業の隆盛により織機工業が発展し、自動車産業が誕生しました。さらに、陶磁器生産からのセラミックス産業の発展、からくり技術の継承による工作機械や産業用機械製造業の発展など、多くの産業が発展してきました。本市を中心とした名古屋大都市圏は、自動車のみならず航空宇宙、精密機器、工作機械、ファインセラミックス、さらにはロボット産業などが集積した、日本のものづくり産業の中核となっています。