COLUMN

コラム

なごやめしの記事

なごやめし

八十亀ちゃんイラスト

この地域では、大豆のみを原料とする「赤味噌」や「たまり(醤油)」から始まる歴史を持ち、みそかつやひつまぶしなど、なごや特有の食文化を生み出してきました。「なごやめし」という言葉は、平成12年(2000)ごろ、名古屋から東京に進出した飲食店企業が、名古屋風のメニューを説明するために使用したのが始まりと言われています。平成17年(2005)に開催された愛・地球博を契機として、全国的に認知度も高まり、マスメディアにも取り上げられるようになりました。また、平成23年度から、民間事業者と連携して「なごやめし博覧会」を開催するとともに、平成26年度に、県市連携のもと、なごやめしを地域ブランドとして確立し、戦略的にPRするための手法等について検討する「なごやめしPR懇談会」を開催いたしました。この懇談会を踏まえ、平成27年度には、県及び関係団体との連携のもと、「なごやめし普及促進協議会」を設立し、イベントの開催やロゴマーク及びPRグッズの作成、ウェブサイトやSNSの開設など、なごやめしのPRに積極的に取り組んでおり、本市の観光推進における重要なコンテンツとなっています。