COLUMN 歴史・文化

名古屋の歴史を感じるスポットを訪ねたら…
あのドラマのシーンに遭遇。パワースポットも!

2021.03.18

名古屋の各地に点在している歴史的スポット。観光地として知られる場所も、そうでない場所もあり、普段暮らしている住宅街の中にも意外なものがあったりします。今回は武将たちが活躍した戦国時代を感じるスポットを訪問。そこはあのドラマのあのシーンにも登場していました。

■其の一 古渡(ふるわたり)城跡

▲真宗大谷派名古屋別院(東別院)
織田信長の父、信秀の本拠だったのが今の名古屋市中区にあった古渡城。尾張統一へと向かう信秀が1534年に築き、信長はここで元服したと言われています。古渡城といえば…そう、NHK大河「麒麟がくる」にも何度か登場しています。
城があったのは現在「真宗大谷派名古屋別院(東別院)」がある一帯。地下鉄の駅を出て道路を挟んだ角にメ~テレ(名古屋テレビ)があり、その前の広い歩道が参道です。

▲東別院境内にある古渡城址の石碑
山門を入って左側に「古渡城跡」の石碑が立っています。
花見の名所としても知られる東別院は憩いの場にもなっており、境内の催しも多く、なかでも毎月8のつく日に開催されている「暮らしの朝市」は、手作りフードやオーガニック野菜、雑貨などの店が並ぶ人気のマーケットです。

▲堀を使った下茶屋公園
隣接する「下茶屋(しもちゃや)公園」は、江戸時代に古渡城の堀の跡を利用して別院新御殿の後庭として造られたと言われます。水辺にうっそうと木が茂る和風の庭は昼間も静かで、時間が止まっているかのようです。

〇真宗大谷派名古屋別院(東別院)名古屋市中区橘2-8-55
〇下茶屋公園 名古屋市中区橘2-9
→いずれも地下鉄名城線東別院4番出口から5分

周辺はお寺が多く、仏具職人や仏壇店などが集まるエリア。北方向にコスプレサミットの会場としても知られる「大須観音」と「大須商店街」があります。

▲骨董市で賑わう大須観音
「大須観音」は美濃の大須(現在の岐阜県羽島市大須)から、名古屋開府に伴い1612年に現在地へ移転。毎月18、28日に開催される骨董市も名物です。

▲織田家菩提寺の万松寺
新旧入り混る「大須商店街」は名古屋の人気スポット。老舗のお団子、からあげやタピオカなどの食べ歩きを楽しむ姿も見られます。
その商店街の中で歴史を感じられるスポットが「万松寺」。織田信秀が1540年に創建した織田家の菩提寺で、人質に取られた竹千代(後の徳川家康)が6歳から3年間暮らし、信長が父・信秀の葬儀で位牌に抹香を投げつけた事件の場でもあります。元はもっと北にあったのが1610年に現在地へ移転しました。
現在は龍のモニュメントや大型テレビジョンのある近代的な雰囲気。境内には信秀公墓碑もあります。
また、本堂横の御深井観音(おふけかんのん)は、女性を見守り、良縁などの幸せに導いてくださるそうです。

〇大須観音 名古屋市中区大須2-21-47 →地下鉄鶴舞線大須観音駅2番出口すぐ
〇万松寺 名古屋市中区大須3-29−12 →地下鉄名城線・鶴舞線上前津駅8・12番出口から3分


■其の二 名古屋城(那古野(なごや)城跡)

▲名古屋城 写真提供:名古屋城総合事務所

名古屋きっての観光名所、名古屋城は江戸時代1609年に徳川家康によって築かれましたが、そこにはかつて今川氏の城、柳の丸があったと言われ、織田信秀はこの城を奪って那古野城と称し、幼い信長を城主にしました。また、信長はここで誕生したとの説も。
清州城に移る以前の織田信長の居城だった那古野城も「麒麟がくる」に登場しています。

▲那古野城跡石碑 写真提供:名古屋城総合事務所
那古野城跡の石碑がある二之丸庭園は国の名勝でもある枯山水回遊式の庭で、その風情を感じながら茶亭でお茶とお菓子を楽しむのも一興です。
名古屋城の天守閣は建て替えに向け閉鎖中ですが、復元された豪華絢爛な本丸御殿は必見です。
そして城の前に広がる飲食ゾーン「金シャチ横丁」では、定番から新しいものまで名古屋めしを堪能できます。

〇名古屋城・那古野城跡石碑 名古屋市中区本丸1-1 →地下鉄名城線市役所駅7番出口から5分

■其の三 熱田

▲面影残す宮の渡し公園
今は内陸の熱田ですが、かつては海に面する港町で、伊勢湾水上交通の要だったといいます。「麒麟がくる」でも賑わう市のシーンがありました。その頃は浜の一角で、江戸時代に熱田の宮宿と桑名宿を結ぶ「七里の渡し」の船着場となった場所が「宮の渡し公園」として整備されています。

▲竹千代が幽閉されていた加藤順図書助盛屋敷の跡
「宮の渡し公園」へ行ったらちょっと寄り道。伝馬町駅から5分ほどの住宅街の中にある石碑は、竹千代が一時幽閉されていた豪商・加藤図書助順盛の屋敷「羽城」の跡です。

〇宮の渡し公園 →地下鉄名城線伝馬町駅4番出口から10分
〇加藤図書助屋敷跡 熱田区伝馬2-13-3 →地下鉄名城線伝馬町駅3番出口から5分
〇熱田神宮 名古屋市熱田区神宮1-1-1 →名鉄名古屋本線神宮前駅西出口から3分

■其の四 笠寺

▲縁結びのパワースポットでもある笠寺観音(笠覆寺)

▲人質交換の地の石碑
雨ざらしの観音像に笠をかぶせてあげた娘が藤原兼平に見初められ、結ばれたという、玉照姫伝説が残る笠寺観音は、縁結びのパワースポットでもあります。
人質として今川側にあった織田信広と、織田側にあった竹千代の交換が行われたのが笠寺と言われ、詳しい場所については諸説ありますが、笠寺観音(笠覆寺)の境内に「人質交換の地」と記された石碑が立っています。

〇笠寺観音 名古屋市南区笠寺町上新町83 →名鉄名古屋本線本笠寺駅から3分

■其の五 末盛城跡

▲城跡に鎮座する城山八幡宮

▲末盛城址の石碑
三河からの進攻に備えて織田信秀が築き、古渡城から移った末盛(末森)城。「麒麟がくる」でも信秀最期のシーンなどで登場しています。
地下鉄覚王山駅と本山駅の間にある城山八幡宮が、かつて城のあった場所で、空堀の遺構などにその名残が見られます。 本殿の裏には縁結びの御神木「連理木」があります。枝が他の枝と連なり木目が合一した連理木は良縁や夫婦円満などにご利益があると信じられており、縁結びのパワースポットにもなっています。

▲仏陀の骨を祀る日泰寺
その西にある日泰寺は日本で唯一、釈迦の遺骨を祀る寺。独特のパワーが漂い、また、参道は新旧、多国籍な店が集まる人気スポットです。

〇城山八幡宮 名古屋市千種区城山町2-88 →地下鉄東山線覚王山駅2番出口または東山線・名城線本山駅1番出口から8分
〇覚王山日泰寺 名古屋市千種区法王町1-1 →地下鉄東山線覚王山駅1番出口から8分

■其の六 桶狭間

▲小高い丘の公園になっている大高城跡(写真左)、鷲津砦跡公園の遊歩道にある石碑(写真右)

▲丸根砦跡

そして戦国時代、名古屋…とくれば桶狭間です。
「桶狭間の戦い」の前哨戦の舞台となったのが丸根砦・鷲津砦と大高城。JR大高駅を挟んで東に「鷲津砦跡」「丸根砦跡」、西に「大高城跡」があり、歩いて巡ると小1時間ほど。アップダウンもあっていい運動になります。
いずれも国指定の史跡で、鷲津砦跡と大高城跡は公園として整備されています。大高城跡には当時から鎮座する城山八幡社が祭られ、本丸、二の丸曲輪跡、空堀跡などの遺構が残ります。
また、大高は歴史の町であると共に日本酒の産地。大高城跡公園の近くに3つの酒蔵、「醸し人九平治」の萬乗酒造、「神の井」の神の井酒造、「鷹の夢」の山盛酒造があり、神の井酒造、山盛酒造では直売も行われています。

〇大高城跡(大高城址公園) 名古屋市緑区大高町城山 →JR東海道本線大高駅から15分
〇鷲津砦跡(鷲津砦跡公園) 名古屋市緑区大高町鷲津山 →JR東海道本線大高駅から6分
〇丸根砦跡 名古屋市緑区大高町丸根16 →JR東海道本線大高駅から15分

▲善照寺砦跡
名鉄鳴海駅から約5分の「鳴海城跡公園」。そこから東方向へ坂を上って約10数分の場所が、織田信長が兵を集結させた善照寺砦の跡で、現在は「砦公園」になっています

▲桶狭間古戦場公園の信長・義元像

▲公園に造られた戦場ジオラマ
戦いの中心地は、現在、桶狭間古戦場公園のある辺りだったといいます。
その歴史に浸ることができるのがこの公園。信長と義元の銅像がそびえ立ち、当時の地形、城や砦のジオラマが造られており、専用アプリを使ってスマホで戦いの様子の動画を見られるようになっています。今川義元の墓碑、首洗いの泉跡、熱田神宮「信長塀」のミニレプリカなどもあります。

▲フレンドリーな観光案内所の皆さん

公園の南、大池の西側にある桶狭間古戦場観光案内所は、地元メンバーによる桶狭間古戦場保存会が運営。グッズの購入や甲冑試着体験もできます。なんと「北斗の拳」作者の原哲夫さんによる信長像も!イベントなどで出ている時以外はここにあるそうです。

周辺関連スポットを同会のガイドさん(1週間前までに要予約)と巡れば、戦いの足跡をより実感できます。

歴史の大きな節目を刻んだ桶狭間は「麒麟がくる」もうそうですが、様々なドラマや映画、ストーリーの舞台となっています。

〇鳴海城跡(鳴海城跡公園)名古屋市緑区鳴海町根古屋22-3 →名鉄名古屋本線鳴海駅西出口から5分
〇善照寺砦跡(砦公園) 名古屋市緑区鳴海町砦3 →名鉄名古屋本線鳴海駅東出口から12分
〇桶狭間古戦場公園 名古屋市緑区桶狭間北3 →名鉄名古屋本線有松駅などから連絡する、市バス幕山停から2分
〇桶狭間古戦場観光案内所 愛知県名古屋市緑区桶狭間巻山2037 →桶狭間古戦場公園から5分


名古屋周辺の歴史ある街並みをマップを見ながらお散歩しよう!

あのシーンにも登場した名古屋の戦国時代歴史的スポットを巡ってみたら、パワースポットにも出合えました。ゆっくり散策すれば、また違う顔が見えてくるかもしれません。

マップのダウンロードはこちら

「名古屋の歴史を感じるスポットを訪ねたら…
あのドラマのシーンに遭遇。パワースポットも!」をシェアする