COLUMN ポップカルチャー

幻想的なイルミネーションとコスプレイヤー♡ アニメの世界に迷い込んだような異世界空間を楽しめる冬コスin NAGOYA PORTイベントレポート

2019.02.15

 世界中から注目を集める“コスプレの聖地”名古屋。コスプレイヤーが年に一度、大挙してやってくる「世界コスプレサミット」(WCS)が冬コスin NAGOYA PORTとして名古屋港で開催されました。

 2018年12月22日、クリスマス目前の土曜。家族連れやカップルが多く訪れる中、名古屋港ガーデンふ頭水族館周辺つどいの広場には、アニメやゲームでおなじみのキャラクターが集い、盛り上がりを見せていました。

 細部までこだわり作られた華やかな衣装を身にまとい、それぞれ推しのキャラクターになりきったコスプレイヤー。見知らぬ者同士が、好きなキャラクター、同じ趣味から、つながりどんどん交流を深めていきます。
 久しぶりの再会に喜ぶ人、好きなアニメの話に盛り上がる人など、性別、年齢、国籍関係なくコミュニケーションが広がっていくのが印象的でした。

 「写真いいですか?」と気軽に声を掛け合い、同じアニメのキャラクター同士で撮影したり、同じ作者同士のキャラクターで撮影したりと、あちらこちらで撮影会がスタート。

 今回イベント会場として、イルミネーションやDJブースがあるメイン会場の「つどいの広場」。南極観測船ふじをバックに撮影できる「ふじの広場」。クリスマスツリーが設置された「ジェティ広場」。遊園地の中にある「大観覧車」や「メリーゴーランド」。ライトアップされた南極観測船ふじとポートタワーをバックに撮影できる「名古屋港水族館前」。名古屋港のゆるキャラ、ポータンと一緒に撮影ができる「名古屋港水族館南側緑地」。名古屋港水族館とポートビルを結ぶ大きな橋「ポートブリッジ」。合計8か所のフォトスポットを設定。それぞれ雰囲気の違った写真を撮影できるとあって、賑わいを見せていました。

 あたりも暗くなり、イルミネーションが点灯された17時からは、つどいの広場のステージでアニソンDJプレイが始まり盛り上がりも最高潮!好きな曲が始まるとDJブース前に集合し、好きな者同士が一体となって盛り上げます。一糸乱れぬ揃った動きはまさに圧巻!

 昼間に開催されることが多い、コスプレサミット。イルミネーションに照らされ、幻想的に浮かび上がるコスプレイヤーは、夜ならではの美しさ♪ 今回は、夜がメインのイベントとなっており、昼間の青空広がる写真と、イルミネーションをバックに撮影する写真、2つの違うイメージの撮影会ができ参加者の満足感が高いイベントだと感じました♡

★もっとポイント
●本格的な撮影機材

 三脚や照明など、本格的な撮影機材を用意している参加者の方が多く目立っていました。ただ、撮影するだけでなくどれだけ美しく撮影できるのか。しっかりとライティングをし、真剣に撮影される参加者の意気込みを感じます。人気のコスプレイヤーには数十人の撮影待ちができており、驚きました‼ツイッターで#冬コス(ハッシュタグ冬コス)で検索すると、参加者のステキな写真が見られます。

 次回は、映画やテレビ番組などのロケーション撮影を誘致し、支援するフィルムコミッションを担当している「なごや・ロケーション・ナビ」三宅さんのインタビューをお届け予定です。お楽しみに♪

「幻想的なイルミネーションとコスプレイヤー♡ アニメの世界に迷い込んだような異世界空間を楽しめる冬コスin NAGOYA PORTイベントレポート」をシェアする